外国のバイクはとてもカッコいいですね!バイク乗りが憧れる、イギリスのバイクメーカーのトライアンフ (Triumph)についての評判をまとめてみました。

トライアンフ (Triumph)のバイクについて

 

トライアンフはとても歴史の長い、イギリスのオートバイ販売メーカーです。
1885年にトライアンフの原型となる会社はに設立されたそうです。
トライアンフのバイクのデザインはシンプルでありながら洗練されていて、とても格好良いです。とくに女性に人気です。

トライアンフ (Triumph)のバイクの維持費について
デイトナの場合

海外のバイクの維持費はとても高いという噂ですが、
トライアンフ (Triumph)のバイクの場合、実際にはどうなのでしょうか?

トライアンフ (Triumph)のデイトナを乗っておられる方にお伺いしたところ

厳密には維持費がとても高くつくわけではないようです。

チェーンもエレメントもブレーキパッドも社外品があるので、維持するだけなら消耗品は国産車とほぼ値段は同じ水準のようです。

しかし、故障した場合、とても高くつくようです。
これは、トライアンフ (Triumph)のバイクに限らず、輸入車はみんなそのようです。

しかも、トラブルがおこって故障するパーツは、ほとんど純正部品しかない部位のようです。

エンジン周りのケース類や電装系や外装、すべて国産車の3倍程度するようです。

例えば、国産車で5万円程度かかる場合、
トライアンフのバイクの場合、15万円かかるということになります。

ひえ~!!!って感じですよね!

トライアンフのデイトナのケースでは

タンク単品9万円
ジェネレータカバー7万円
レギュレータ6万円
するそうです。

ちなみに、すべて国産車なら半額以下です。

トライアンフ (Triumph)のバイクの維持費について
ボンネビルの場合

トライアンフ (Triumph)のバイクの維持費について、ボンネビルのオーナーさんにお伺いしました。

この方は、特に故障もなく
整備と言っても、年1回、オイル交換をされるだけだそうです。

お店に任せているので、1回は1万円程度で、
オイルの種類にこだわらなければもっと安くできるそうです。

安いオイルを入れても走行性能が落ちるわけでは無いので、問題は無いようです。

ただ、トライアンフのバイクの場合、
必ず、オイルにじみや漏れがでるみたいです。

海外ではオイルにじみ程度のことでは気にしないらしいです。
気になるのは日本人だけのようです。

インジェクションになってからバッテリーが上がりやすいと言われています。

トライアンフ (Triumph)のバイクの評価について その1

TRIUMPH StreetTwin (900cc)のオーナーさんの場合

【購入動機】
待ち乗りからロングツーリングまで機能性にたけており
当たり障りのないTHE バイクなルックスが今どき珍しく
一目ぼれしたから。

【満足している点】
死ぬほど乗りやすい
カッコいい
おしゃれ
めちゃくちゃカッコいい
めちゃくちゃおしゃれ
めちゃくちゃ乗りやすい

【不満な点】
買ったとたんスペックアップした
メーターがシンプルもっと凝ってもらってもよかった

トライアンフ (Triumph)のバイクの評価について その2

TRIUMPH StreetTwin 2016年式 (900cc)のオーナーさんの場合

【購入動機】
ボンネビル風でありながら、
ポップでスポーティーな見た目と
270度ツインの排気音にやられてしまった。

【満足している点】
ツインの鼓動感(振動は少ない)がしっかりあり、
それでいて長距離のっても疲れない乗りやすさ。
(手足がしびれることもない)
のんびり走っても幸せ。
足つき良好、新しいバイクの信頼性。

【不満な点】
高速道路では6速めが欲しくなる。
100キロ越えると風圧もあり、そう楽しくない。
足つきをよくするためか、シートがタンクに比べて、
低い位置関係にあり、短足ではニーグリップが難しい。
タンクラバー装着で、太もも付け根でグリップが可能になった。

トライアンフ (Triumph)のバイクの評価について その3

TRIUMPH StreetTwin 2017年式 (900cc)のオーナーさんの場合

【購入動機】
・バイクにせかされない、落ち着いた走りがしたくなった。
・峠でなくても楽しめるバイクが欲しかった。
・用途はツーリング99%。

【満足している点】
・燃費がとても良い。ツーリングだと30km/L前後走る。
・エンジンのパルス感も気持ちよい。
(270度クランクなのでドッドッという鼓動感はない)
さらに低速トルクがある分ハイギヤードになっており速度の伸びは、
中毒性のある楽しさ。但し、これは短時間の試乗ではわからないかも。
スポーツバイクの後ろから蹴られる様な加速感ではなく、グイーンとゴムで
引っ張られる様な加速感。
・900ccのツインとしてはエンブレが穏やかで乗りやすく、55PSでも通常の速度域は
十分速い。
・機構的にはショボくてもブレーキ性能も問題ない。
・足つき性は抜群に良い。
・フロント18インチで直進性は良い。
・輸入車の中では比較的高い信頼性。
・サスは硬過ぎず、柔らかくもなくちょうど良い。
・クラッチが軽い。(カワサキとトライアンフのクラッチスリッパーは軽い)

【不満な点】
・少しスロットルが重い。
・タコメーターがない。(解決可能)
・着座位置にに対してタンクが上にあり、ニーグリップ出来ない。(解決可能)
・フロント18インチで旋回性能は若干劣る。

トライアンフ (Triumph)のバイクの評価について その4

TRIUMPH Street Twin 2017年式 (900cc)のオーナーさんの場合

【購入動機】
スタート時、加速時のトルク感が気持ち良い。

【満足している点】
ノーマルマフラーの音が野太くパルスを刻む所。

【不満な点】
同じエンジンを積む水冷T100や1200ccのT120の人気の影になってるところ。

モデル紹介

 

Caroline Clarke さん

ブラジル在住

彼女のモットーは「後悔せずに暮らす!」こと!!

彼女インスタグラムはこちら

https://www.instagram.com/carollclarke/?hl=ja

【ヘルメット姿もとても可愛らしい】

彼女のヘルメットはHJC RPHA 10 Furia buzzsaw helmet